5月20日(金) ホーチミン日本商工会(JBAH)との意見交換会

5月20日(金) ホーチミン日本商工会(JBAH)との意見交換会

 ホーチミン日本商工会(JBAH)との意見交換会が、5月20日(金)にジェトロハノイ事務所にて開催されました。
JBAHからは前野会長をはじめとした主に事業環境の改善活動に関わられる総勢10名の幹部が参加される中、JBAVからも柳井会長はじめ総勢15名が出席いたしました。当日は柳井会長・前野会長から、両組織における2016年度の活動計画が説明されたことに続き、①「事業環境・VBF分科会」、②「生活環境・会員サービス分科会」の2つの分科会に分かれ、より詳細な協議を行いました。分科会①では2016年度より正会員となったVBFを通じたベトナム政府への政策提言活動、ならびに日本大使館の協力を得た事業環境改善活動について、個別の課題毎に具体的な議論を行いました。一方、分科会②においては、会員への情報提供や日本人の生活環境の向上に関係する課題を中心として、ハノイ・ホーチミンそれぞれで実施されている活動の情報共有を主たる目的として、参加者間での意見交換がなされました。2つの分科会の総括が行われた後、柳井会長が活動目標の一つとして掲げる、ハノイ・ホーチミン間での連携の促進について意見の交換が行われ、特にベトナム政府への政策提言について日本として一丸となって取り組むという姿勢に、双方の出席者から賛同する意見が示されました。

こうした意見交換会を通じて、両組織間の一層の交流の促進と、オール・ジャパンとしてより力強く、ベトナム政府に事業環境改善等について提言を展開することが期待されます。

(JBAV事務局)