5月29日(木)ベトナム財政省との税制改善に関する会合

ベトナム財政省との税制改善に関する会合

5月29日、ベトナム日本商工会丸田会長が財政省のTuan副大臣と会談しました。
「税制改善」を目指して会合が2時間となりました。
論点としてベトナム側からの要請で論点2点追加、全部で3点です。

  1. 投資時ののれんには法的根拠もなく課税された点。
  2. EPEの物流コストに対してVAT課税されるのではないかという懸念。
  3. 工業団地での新規プロジェクトがあれば税優遇を付与するというルールがあり、経済的・社会的に有利な条件にある工業団地は除く、とあるが、具体的にどこの工業団地が対象か。

⇒ベトナム財政省の回答

  1. 非課税にすることを明確にする。
  2. 課税されない。JBAVからの書面があれば書面にて回答するとのこと。JBAVからはレターを提出し、現在回答待ち。
  3. 現在、政府に対し、エリア候補を打診している。
    会合は友好的雰囲気のもと行われた。

会合資料